トコちゃんベルトはOKか?NGか?

 

 

「トコちゃんベルトはつけたほうがいいんですか?」

よく妊婦さんから「トコちゃんベルトはつけたほうがいいんですか?」と相談を受けますが、当院での考えをお伝えします。

 

これまでは敢えて意見表明をしてきませんでしたが・・・

先日「ハッキリお伝えしなければいけない」と

決意させられる出来事があったので、お伝えします。

 

以下に述べるのは、商品自体を全否定するものではありません。
「まちがった使い方」で健康を害することを予防することが目的です。

 

地雷を踏んだ妊婦さん

ある日のこと、予約の電話が入りました。

 

当日予約希望の妊婦さんでした。

 

ヨガをやっている最中、股関節に激痛が走ったのだそうです。

時間を調整して、当日お越しいただくことになりました。

 

ご来院いただいての問診から明らかになったのは

妊娠初期からトコちゃんベルトをつけはじめ、

安定期からマタニティヨガやウォーキングなどに励んだ、ということ。

 

意識が高くてすばらしいですね!

と言いたいところなのですが・・・

 

私は内心「あちゃ~」と思いました。

 

これ、いちばんやってはいけない組み合わせです。

典型的な「トコちゃんベルト乱用」の危険パターンに

まんまとはまってしまったわけです。

 

実際検査してみると、ご本人が思っている以上に

コンディションは惨憺たるものでした。

 

あなたも勘違いしてるかも?

おそらくみなさんの中には

・トコちゃんベルトは体にいい!赤ちゃんにいい!

・妊娠中のエクササイズは体にいい!赤ちゃんにいい!

と思われている方もいると思います。

 

これでうまくいった人もいるでしょう。

そんな人はおめでとうございます!

ですがこれ、ケースバイケースで個人差がおおいにあります。

 

うまくいった人はそれでいいのですが、

問題は・・失敗してしまった場合。

この失敗はなんとしても避けていただきたいところです。

 

トコちゃんベルトのリスクとは!?

 

エクササイズだけなら問題ないのです。

途中で調子がわるくなったら「やめればいい」だけですから。

 

ですがトコちゃんベルトをつけてのエクササイズとなると

話はまったく別。

トコちゃんベルトという「強い味方」がつくことで・・・

 

本来の体調から言えば痛みが出るような状態でも

不調に気づかず快適に動けてしまったりするのです。

 

痛みとは、体からの不調のサイン。

休養が必要だよ、という体からの警告。

 

そのスイッチをOFFにして

ノリノリでエクササイズをがんばってしまうって、

相当ヤバイと思いませんか?

 

本当は辛いはずの状態なのに、

動けちゃうのをいいことに、限界を超えて

ワークアウトしてしまうって・・・

たとえば銀行預金の残高を超えて

クレジットカードを使い込んでしまうようなもの。

たとえば眠気を抑えるために覚せい剤打って

徹夜で長距離トラックを運転するようなもの。

 

自力の素の状態じゃないんです。

ものすごいリスキーです。

他力のサポートに支えられたコンディション。

だから、本当の自分がわからなくなってしまうのです。

 

そんな他力依存の状態で・・・

しらずしらずのうちに体力の限界を超えて・・・

さらに トコちゃんベルトで補い切れる限界も超えてしまったら・・・

 

痛みが出たら、もうお手上げ。

身体全体もボロボロに疲れきっています。

そんな状態で、お腹の赤ちゃんがすくすく育ってくれるはずないですよね。

 

「結論」

 

だから当院では、トコちゃんベルトは基本的に反対です。

 

私がトコちゃんベルトを推奨するとしたら

それは「やむを得ず重労働をしなければならないとき」だけです。

 

たとえば

「どうしても引越し作業をしなければいけない」

「どうしても立ちっぱなしで過ごさなければいけない」

そんなときだけ。

 

しかも重労働が終わった後はすみやかにベルトを外し、

休養を十二分にとってもらいたいところです。

 

__________________

 

とにかく、

トコちゃんベルトに限らず、補助器具は

最後の手段としてとっておいて・・・

(使わずにすめばそれに越したことはないんです)

 

母子ともに健やかな毎日をおすごしください!

妊婦さんの整体について詳しくはこちら

妊婦さんの整体

妊婦さんの整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加