男性はどんな人が来ていますか。

男性の比率は約1割です。意識の高い方が多いですね。
職業でいえば会社経営者、個人事業主、アーチストなど「ベストコンディション」であることが必要とされる、責任ある立場の方がほとんどです。あとはどういうわけか公務員の方も多いです。
お困りの内容としては、パフォーマンスを維持向上させたい方、モチベーションが下がってしまった方、どんなに強く揉んでも改善しない方にご支持いただいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加